昨日の続き、、、

こんにちは、、


なんとランキング3位まで上がりました、、、
皆さんありがとうございます( ;∀;)


読む前に下の画像に、優しくタッチお願いしますww






















では昨日の続きになりますが、元付がわかった場合、大前提は元付が両手取引になるように話を持って行ってみてください。




売却価格がまずありますが、せっかく元付と話ができても、そこで分かれ取引の話をしてしまうと優先順位が下がる可能性があります。


その物件がすごい優良物件で、紹介してくれた客付仲介がきれない場合には、別途紹介料を払うなどして、今回の取引から降りてもらったほうがいいケースもあります。
もしくは、元付会社が両手分ぐらいになるよう手数料の調整をするかです。

プロの買取業者はこのようなやり方をしています。


なぜそこまでするかというと、常に元付仲介は売上が2倍になる両手取引をしようと考えております。(特に大手さんw)


同じで仕事内容で、売上が2倍になるならそちらを選ぶのは当たり前です。
下手したら分かれ取引の方が仕事量は多いです。



もし買主候補が2人いて、片方が分かれで、片方が両手取引だった場合、条件が同じで並んだ場合、元付が自分のところの買主に協力してもらって、10万でも買い上げさせて、両手取引に持っていくと思います。




昔、大手の囲い込みの問題があったように、この悪しき習慣はなくならないと思います。
でも今現在は、物件を買うには逆にこの原理を利用するしかないのかなと思います。



色んなパターンがあり一概に言えませんが、せっかく未公開条件をゲットし、元付仲介がわかっても、中々その先に進まない方はそんな理由で話を潰されているのかもしれません。。。



もっともっと大前提に、売主の希望価格がありますがw

もし売主さんが希望する価格まで届かない場合はレインズに公開する流れが多いです。
公開になると分かれ取引になるケースが多くなるので、元付からみてあなたが両手取引候補であれば、公開前にいくらまで買い上がれませんか?って聞いてくる可能性はあります。



あなたが買えるお客さんとわかれば、業者によってはギリギリまで、両手取引をできないかを考えてるはずです。



業界の闇な部分ではありますが、仕組みがわかれば優先権は取れると思います。




あとはどうしたら未公開情報をゲットできるかは、また時間があれば書いてみます。。


ではでは、、、











コメント

非公開コメント

ゲテモノオールスターズ

ゲテモノ君からブログ乗っ取りましたww 好き勝手書いていきますwww



↓↓↓クリックしてくれるといいことあるかも、、、


不動産投資ランキング

検索フォーム

QRコード

QR